「サッカー続けられ感謝」 難民申請中のミャンマー代表

土屋香乃子、大宮慎次朗
[PR]

 サッカーのミャンマー代表として来日し、母国でのクーデターに抗議の意思を示し、難民申請したピエリアンアウンさんが、Jリーグ3部(J3)のYSCC横浜の練習生となり、30日に横浜市内で報道陣に練習が公開された。

 国軍がクーデターを起こしてから半年。「グラウンドを出た瞬間、ミャンマーのことを思い胸が痛んだ」と語り「サッカーを続ける機会を与えてくれた皆さんに感謝している」と述べた。一連の報道を知った同チームの吉野次郎社長(56)が支援を申し出て、23日からチームに加わった。(土屋香乃子、大宮慎次朗)