国産ワクチン開発支援へ 閣僚会議発足 工程表まとめる

有料会員記事新型コロナウイルス

市野塊
[PR]

 新型コロナウイルス対応で出遅れた国産ワクチンの開発支援に向け、政府は30日、関係閣僚会議を立ち上げた。薬事承認制度の見直しや、研究機関や企業への支援などを省庁横断で進める。今夏にも新たな臨床試験(治験)の方法を各国とまとめ、参加者を減らして開発速度を早められるようにすることなどを盛り込んだ工程表を決めた。

 議長に就いた加藤勝信官房長官は会合で「国内における開発生産体制を強化することは、他国の需要に左右されることなくワクチン供給を確保し、新たな変異株に対応したワクチンを迅速に開発、生産するためにも大変重要だ」と述べた。ワクチン行政は安全性を確認することを主眼とし、普段は厚生労働省が担当している。産業振興や安全保障の観点を加えるため、関係閣僚会議には経済産業相や外相、防衛相らも加わる。

 関係閣僚会議の役割は、政府が今年6月に閣議決定したワクチン開発への支援を強化する長期戦略を実現させることだ。ワクチン開発に特化して研究費をつける組織の新設や、臨床現場や産業界が連携した世界トップレベルの研究開発拠点の形成、アジア各国と協力する国際共同治験の態勢整備などを目指す。

 工程表には、各国の医薬品規…

この記事は有料会員記事です。残り267文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]