「将来亡くなる確率」は交通事故よりコロナ 厚労省推計

有料会員記事

久永隆一
[PR]

 2020年の傾向が続けば、65歳以上の高齢者は交通事故より、新型コロナウイルス感染症で亡くなる確率が少し高い――。厚生労働省が30日に公表した「簡易生命表」でそんな推計結果が明らかになった。

 2020年時点である年齢だった人が将来、どの死因で死亡するのかの確率を計算した。この年の死因の動向が今後も続くと仮定している。

 その結果によると、新型コロナが死因になる確率は、男性は65歳、75歳とも0・29%。90歳は0・22%だった。女性は65歳で0・20%、75歳で0・21%、90歳で0・18%だった。

 これに対して交通事故で亡く…

この記事は有料会員記事です。残り366文字有料会員になると続きをお読みいただけます。