G20文化相会合、ローマの史跡コロッセオで開幕

ローマ=大室一也
[PR]

 主要20カ国・地域(G20)文化相会合が29日、イタリア・ローマの史跡コロッセオで開幕した。

 イタリアのドラギ首相、日本の都倉俊一・文化庁長官ら各国・地域の文化相などが出席。議長国イタリアのフランチェスキーニ文化相はあいさつで、新型コロナウイルスの感染拡大で世界は大戦後のような状況にあるが、「文化は私たちを助けてくれる。私たちの社会の経済成長や持続可能な発展のための決定的な手段になる」と述べた。

 G20文化相会合は2回目。昨年の初回はコロナ禍のためオンラインで開かれ、対面での開催は今回が初めて。30日まで続き、文化遺産の保護、気候危機への対応、成長の原動力としての文化と創造産業といったテーマについて議論する予定。(ローマ=大室一也)