JR西日本、2年連続の赤字へ 業績予想を下方修正

有料会員記事

筒井竜平
[PR]

 JR西日本は30日、2022年3月期の業績予想を下方修正し、最終的なもうけを示す純損益が1165億~815億円の赤字に転落する見通しだと発表した。30億円の黒字とした従来予想から、約1千億円引き下げた。初の2年連続赤字となる見込み。新型コロナウイルスの感染が再拡大し、想定よりも利用回復が遅れているのが理由という。

 回復時期の予想が難しいとし、幅のある業績予想とした。売上高は1兆520億~1兆890億円、本業のもうけを示す営業損益は1290億~940億円の赤字を見込んだ。従来予想をそれぞれ最大2055億円、1410億円引き下げる。

 山陽新幹線の4~6月の利用はコロナ禍前と比べて4割程度と見込んでいたが、実際は3割にとどまった。大阪、京都、兵庫、広島などの沿線地域で緊急事態宣言が出たことなどが響き、利用が伸び悩んだ。

 従来の想定では、8月以降は…

この記事は有料会員記事です。残り234文字有料会員になると続きをお読みいただけます。