自宅の防空壕、都内各所に 把握されず、年々取り壊し

有料会員記事知る戦争

鈴木峻
【パノラマ写真】防空壕の内部を360度カメラで撮影しました。画面を動かして、内部をご覧下さい。
[PR]

 太平洋戦争末期の東京大空襲から76年が経った。今も都内各所に防空壕(ぼうくうごう)が残るが、年々、取り壊しが進んでいる。今夏、都内の住宅に残る防空壕に入ることができた。

 杉並区の主婦・瀬村孝子さん(74)の所有する敷地には、1943年に造ったコンクリート製の防空壕がある。地下2・5メートル。自宅庭だった場所の下に造られた。

 中に入ると、ひんやりと、少ししけった空気に包まれた。階段から入った光が白い漆喰(しっくい)の壁に反射し、ライトがなくてもうっすらと明るい。天井がアーチ状になっており圧迫感はない。一見、80年近く前の構造物とは見えないが、鉄扉のさびが年月の経過を感じさせた。

 出入り口のコンクリートを見たとき、頑丈そうだと思った。これなら床下より安全かもしれないと。だが中に入って、すぐに思い直した。出入り口のふたを閉めても、外を走る車の音が聞こえたからだ。空襲のとき、家が焼け落ちる音も響いただろう。証言や記録とは異なる生々しさを感じる土台が遺構にはあった。

 春先、足立区の茂出木庄一さ…

この記事は有料会員記事です。残り474文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
知る戦争

知る戦争

平和への思いを若い世代へ託そうと、発信を続ける人がいます。原爆や戦争をテーマにした記事を集めた特集ページです。[記事一覧へ]