バドの優勝候補が次々敗退 元代表コーチが気になった調整優先の練習

有料会員記事バドミントン

聞き手・照屋健
[PR]

バドミントン 舛田圭太の目

 東京オリンピック(五輪)のバドミントンで日本勢の挑戦が終わった。30日、女子シングルス準々決勝で山口茜が敗れ、日本勢の試合がすべて終了。獲得したメダルは混合ダブルスの渡辺勇大東野有紗組が取った銅一つだった。男子シングルスの桃田賢斗、女子ダブルスの永原和可那松本麻佑組など優勝候補が力を出せなかった原因は何なのか。リオ五輪日本代表コーチで、今回のメンバーをよく知る舛田圭太さん(42)に聞いた。

   ◇

 4月、富山県高岡市での日本代表合宿を1週間ほど、見る機会がありました。リオ五輪前の同じ時期に比べて、練習量が7割程度の印象を受けました。使っているシャトルの量も、少ない印象でした。

 バドミントンはリオ五輪後、急速に成績を残しました。今回の出場選手・ペアは、ほとんどが各種目の世界ランキング5位以内。実力を発揮すれば、すべてメダルをとれる可能性がありました。

 過去の大会では「メダルを取りにいく競技」だったバドミントンが、東京五輪では「メダルを取らなければならない競技」に変わったのです。

 そうなると、選手たちのけが…

この記事は有料会員記事です。残り762文字有料会員になると続きをお読みいただけます。