五輪の権威、地に落ちた コロナ禍開催は「憲章」違反

有料会員記事

聞き手・笠井正基
[PR]

 新型コロナウイルスの感染の脅威にさらされながら、東京五輪が行われています。反対や再延期を求める声が多かった中で強行された「平和の祭典」について、坂上康博(さかうえやすひろ)・一橋大教授に聞きました。(聞き手・笠井正基)

 東京五輪をどう楽しむのかは難しいですね。コロナ感染が収まらず、開催の前提条件だった安全安心な状態が確保できていないからです。感染リスクが拡大し、医療体制が持たなくなる可能性もあります。絶対見ないと決めた方、割り切って見ている方もいると思います。

 五輪憲章には、「オリンピズ…

この記事は有料会員記事です。残り1062文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら