兵庫・井戸知事、退任会見後にも会議で「人使い荒い県」

武田遼
[PR]

 兵庫県井戸敏三知事は今月末の任期満了を前に、県庁で30日に退任会見を開き、5期20年をふり返った。任期を通じて課題だった阪神・淡路大震災からの復興について「ハード面は進んだ。それなりの生活復興もできた」と成果を述べた。

 井戸知事は一方で「生活復興面で格差は残っている。課題は変化するので、復興は終わっていないと言える。新たな挑戦はしないといけない」とも指摘した。「やりたい仕事ができたかというと、財政的制約はずっとつきまとっていた」と、復興事業で生じた巨額の借金に悩んだことを明かした。

 この日、国は兵庫県へのまん延防止等重点措置の適用を決めた。退任会見と退任式の後も、県の新型コロナウイルス対策本部会議が待っていた。「人使いが荒い県だと実感している。震災からの復旧・復興から始まった私にとって、そういう退任の迎え方もある」と苦笑いしながら話した。(武田遼)