鹿児島県吹奏楽コン、中学校Aから朝日など推薦候補に

[PR]

 第66回鹿児島県吹奏楽コンクール(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は30日、鹿児島市の川商ホール(市民文化ホール)で大編成の中学校A部門の2日目があった。20校が出場し大編成ならではの重厚な音色を披露。4校が金賞を受賞し、九州吹奏楽コンクールの推薦候補に坂元、朝日、川内中央の3校が選ばれた。最終日の31日に県代表を決める。

 同部門では50人の演奏者数の学校もある中、朝日は最少の13人で演奏。吹奏楽部顧問の橋口通さんは「人数の多少にかかわらず楽しめるのが音楽。子供たちと一緒にやってきたことが評価されてうれしい」。副部長の加(くわえ)舞桜花(まおか)さんは「楽しい一番いい演奏ができました」と声を弾ませた。

 印象に残った演奏に贈られる「おりべ賞」には、岳南のユーフォニアム奏者の西橋陽音(はると)さん(3年)と、テューバ奏者の吉村海慧(かいけい)さんが選ばれた。

(町田正聡)

 結果は次の通り。(○は九州吹奏楽コンクールの推薦候補)

     ◇

 【中学校A】

 金賞 ○坂元(鹿児島市)、○朝日(奄美市)、○川内中央(薩摩川内市)、城西(鹿児島市)

 銀賞 吉田南(鹿児島市)、加世田(南さつま市)、星峯、和田(以上鹿児島市)、垂水中央(垂水市)、隼人(霧島市)、吉野東(鹿児島市)、岳南(屋久島町)、亀津(徳之島町)、紫原(鹿児島市)、鹿屋東(鹿屋市)、大崎(大崎町)

 銅賞 串木野(いちき串木野市)、甲東(鹿児島市)、帖佐(姶良市)、田崎(鹿屋市)