サンゴ移植の許可を撤回 沖縄県「条件に従っていない」

光墨祥吾、松山尚幹
[PR]

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)移設予定地にある名護市辺野古沖のサンゴの移植をめぐり、沖縄県は30日、沖縄防衛局が移植作業の中止を求めた行政指導に従わなかったとして、移植の許可を撤回した。

 県は28日、水温の高い時期や台風の時期を避けるなどの条件を付けて移植を許可し、防衛局が翌29日から作業を始めていた。

 県は、防衛局が条件に従っていないとして、30日に中止を求めて行政指導。しかし、県によると、防衛局からは「条件は順守しているので、移植作業を中止することはない」との回答があったという。これを受けて、県は30日付で許可を撤回した。撤回についての行政文書を防衛局に届けた。

 玉城デニー知事は取材に「高水温で、台風がいつ襲来してもおかしくない時期に作業を開始した。ただでさえ高くないサンゴの生残率をますます低下させる行為で、許可の撤回は、適切な処分だ」と述べた。

 一方、岸信夫防衛相は「報告を受けてから適切に対処したい」と語った。(光墨祥吾、松山尚幹)