広島のタクシー、電話予約でもルートや料金を事前に確定

松田史朗
[PR]

 タクシーを電話予約する客に対し、あらかじめルートや料金を伝える新サービスを協同組合「タクシーセンター」(広島市)が8月2日に始めた。配車アプリを使った同様のサービスはあるが、電話予約では国内でも珍しい。高齢者らスマートフォンを使い慣れない客の利用を見込む。

 新サービスは、同組合の三つのタクシー会社で利用できる。客が電話で現在地、目的地などを受付窓口に伝えると、最短や最安などのルートが示され、料金が事前に決まる。それらのデータは、配車されるタクシーに設置されたタブレット端末に送られ、ルート変更がない限り、客は降車時に事前に示された料金を支払うだけだ。

 タクシーの電話予約は、利用者が地理に詳しくないと、ルートや料金がわからず不安になったり、料金をめぐるトラブルになったりすることがある。組合は新サービスを使えば、こうした状況も防げるとみる。

 また、事前に料金が決まるため、タクシーをMaaS(ITを利用して複数の交通手段を組み合わせたサービス)に組み込みやすくなることから、利用増も期待できるとしている。

 この新サービスの配車システムを開発したのは徳島市に本社がある「電脳交通」。近藤洋祐社長は「タクシー業界はまだまだアナログ。もっとサービスの利用が広がれば」と話す。(松田史朗)