7月の求職者0.5%減 「デルタ株で求職控える動き」

山本恭介
[PR]

 厚生労働省が31日発表した7月の有効求人倍率季節調整値)は1・15倍で、前月よりも0・02ポイント改善した。ただし求職者が前月の199万人から191万人に0・5%減った影響が大きい。厚労省は「感染力の強いデルタ株が広がり、求職を控える動きが出ている。雇用情勢が回復傾向とは言えない」とみている。

 求人倍率は求職者1人あたりの求人数を示す。7月は求職者が前月より減った一方、求人数は1・5%増えた。感染拡大地域では求人が減ったが、それ以外では増えたため、全体の求人数を押し上げたという。

 業種別の新規求人数(原数値)はコロナ禍に苦しむ宿泊・飲食サービスが前年同月比0・9%減。一方、製造業は同40・8%増えた。

 総務省が31日発表した7月の完全失業率季節調整値)は2・8%で前月より0・1ポイント下がった。完全失業者数は190万人で前月と比べて12万人減った。(山本恭介)