高3女子の死体遺棄容疑、夫婦を逮捕 殺害もほのめかす

有料会員記事

[PR]

 東京都墨田区に住む私立高校3年の女子生徒(18)が28日夕から行方不明になり、警視庁は31日未明、女子生徒の遺体を山梨県内の家屋で発見したと発表した。背中に複数の刺し傷があり、首にロープで絞められたような跡があったという。同庁は同日午前、いずれも職業不詳の小森章平(27)=群馬県渋川市渋川=と妻和美(いずみ)(28)の両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。容疑を認め、「私たちがやったことに間違いありません」と話しているという。

 捜査関係者によると、少なくとも夫婦のいずれかは女子生徒と知り合いだった可能性が高いという。

 捜査1課の説明では、女子生徒は28日午後3時半ごろ、家族に「友人に会う。すぐに帰る」などと言って家を出たまま行方がわからなくなった。午後6時半になっても帰宅しないため、不審に思った家族が110番通報し、警視庁に捜索願を出した。その後、女子生徒の生存を装うような連絡が家族に入ったが、本人と会話はできなかった。

 警視庁が防犯カメラの映像などを調べたところ、女子生徒が自宅近くの路上で何者かの乗用車に乗り込んだことが判明した。同庁は30日午後7時20分ごろ、この車を長野県内の高速道路周辺で発見。乗っていた小森容疑者夫婦に事情を聴いたところ、遺体を山梨県早川町に捨てたと供述したという。

 2人は女子生徒の殺害もほのめかしているといい、同庁は司法解剖して死因などを調べる。

     ◇…

この記事は有料会員記事です。残り232文字有料会員になると続きをお読みいただけます。