「二階幹事長交代」論に「ノーコメント」 沈黙の閣僚

2021衆院選自民

[PR]

 菅義偉首相が次の衆院選を前に二階俊博自民党幹事長を交代させる方向となったことについて、31日の閣議後の記者会見で、9月の党総裁選に向け首相を支持する閣僚らには慎重な言い回しが目立った。

 二階派武田良太総務相は二階幹事長交代に関する質問を途中で遮り、「党の問題なのでコメントは差し控えたい」。一方で首相の総裁再選を支持する意向を示し、「今日まで菅総理は逃げずに、黙って、ひたむきにコロナ対策に取り組んできた。今はひとつになるべきとき。心ひとつに、コロナ対策に全力を傾注していきたい」と語った。

小泉進次郎環境相「コメントすることではない」

 総裁選での首相支持を表明している無派閥の小泉進次郎環境相は、二階幹事長の件について「人事の任命権者は総理、総裁。他の人がコメントすることではない」と語った。

 その上で、「厳しい声を総理にもしっかりと届けなければいけない。いま党内に相当厳しい声があり、仮に派閥が総理(支持)だと言ってもそんなに簡単な状況ではない」と強調。「厳しいことを耳に入れすぎて、おまえの顔は見たくないと言われかねないと思いながら、汗をかくことと同時に時には冷や汗もかきながら、やらなければいけない」と述べた。

 首相支持を決めている石原派の坂本哲志地方創生相は「関心はありますけども、コメントは差し控えたい。個人的には、推移を見守っていきたい」と語った。

 一方、総裁選に出馬表明済みの岸田文雄政調会長率いる岸田派平井卓也デジタル改革相は、二階幹事長交代に関する質問に「政治家はポストが人を育てるところがある」と反応。「多くの皆さんが色んなポストについて活躍されることで、自民党の活性化にもつながるし、国会の前向きな運営にもつながっていく。多くの皆さんにチャンスがあるというのは望ましいのではないか」と語った。

 岸田氏は党改革案として、党役員の任期を「1期1年、連続3期まで」と提唱し、二階氏の幹事長続投を事実上拒んでいる。

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]