「かわいい孫」がなぜ 高3死体遺棄事件、祖父の悲しみ

有料会員記事

[PR]

 28日から行方不明になっていた私立高校3年の女子生徒(18)が31日、山梨県内で遺体で見つかった。

 女子生徒は、東京都墨田区の住宅街にある戸建て住宅に両親と祖父母と5人で暮らしていた。

「こんな理不尽あっていいのか」

 祖父によると、女子生徒は家族に「友人と買い物に行く」と言って出かけたまま行方不明になった。死体遺棄容疑で逮捕された群馬県渋川市の夫婦について、家族は心当たりがないという。祖父は「なぜ、こういうことになったかわからない。かわいい孫なので悲しいです」と話した。

 小学校の同級生だった男性は「身近な人がこうした形で亡くなり、心が痛い」と話した。女子生徒は男女問わず友人が多く、元気な人だった。約1週間前には、進学に備え学習塾に通う姿を見かけたばかりだった。「真相をいち早く知りたいです」

 女子生徒の一家と家族ぐるみの付き合いがあった近所の男性(76)は「一人っ子で大切に育てられた。思いやりがあり、優しい子。事件に巻き込まれたと聞いて、こんな理不尽があっていいのかと思った」と話した。

 男性によると、女子生徒は地元の小中学校を卒業した。高校に進んでから顔を合わせることは減ったが、礼儀正しく、顔を合わせると「行ってきます」「ただいま」とあいさつをしてくれた。中学生の頃は「看護師になりたい」と話していたという。

中学の頃は「看護師になりたい」と

 数年前には、魚の飼育が好き…

この記事は有料会員記事です。残り163文字有料会員になると続きをお読みいただけます。