50歳の杉浦佳子、日本最年長金メダル パラ自転車

遠田寛生
[PR]

 東京パラリンピックで31日、自転車女子個人ロードタイムトライアル(TT=運動機能障害C1~3)があり、杉浦佳子(けいこ)が25分55秒76で金メダルを獲得した。自身初めてで、50歳での優勝は、1996年アトランタ大会の柔道71キロ級で優勝した牛窪多喜男(たきお)の46歳を上回り、日本最年長記録。

 選手が1人ずつ、1周8キロのコースを2周してタイムを競う種目。終盤は疲れも出たが、勝因はくだりとコーナーは体を休めるなど、コーチと練った作戦通りに走れたことと分析した。自転車の金メダルは史上4人目で、女子では初の快挙となり、「これで今までお世話になった方々に恩返しができた」と喜んだ。

 杉浦は静岡県出身。45歳の時に自転車レースで転倒し、右半身のまひや記憶障害などを負った。今大会はあと1種目出場予定で、9月3日の個人ロードレースで2冠を狙う。(遠田寛生)