和田伸也が銀メダル、今大会二つ目 パラ陸上1500m

松本龍三郎
[PR]

 31日、陸上男子1500メートル(視覚障害T11)で和田伸也(44)がアジア記録を更新する4分5秒27で銀メダルを獲得した。5000メートルの銅メダルに続き、今大会自身二つ目のメダルとなった。唐沢剣也(27)は4位だった。

 独走するブラジル選手が世界記録ペースで飛ばすなか、離れた2番手につけた。「差は埋まらないなと判断してペースをキープした」。最後の直線は3番手の選手に猛追されたが、順位を守った。

 ゴール後はトラックに倒れ込んだ。「もがき苦しんで乳酸バキバキでした」と笑顔。「死んでも先に駆け抜けようと思った」と振り返った。「次のパラリンピックはもうない」と言う44歳はこれまで練習を支えてくれた市民ランナーへの感謝を口にした。「朝から夜までいろんな人が伴走してくれた。それが自分の原動力になった」(松本龍三郎)