父・ジョージ・ハリソンが言った「エルビスはかわいそう」の意味

有料会員記事

定塚遼
[PR]

息子・ダニーに単独インタビュー 知られざるビートルの素顔

写真・図版
ジョージ・ハリソン「オール・シングス・マスト・パス」=ユニバーサルミュージック提供

 ジョージ・ハリソンが、ビートルズ解散直後の1970年に発表したアルバム「オール・シングス・マスト・パス」。名盤の呼び声高いこの作品が50周年を機にリミックスされ、未発表デモ音源などを加えて8月に発売された。エグゼクティブ・プロデューサーを務めたのは、息子でシンガー・ソングライターのダニー・ハリソン。「解散後、父がものすごく前に向かっていた時期のエネルギーを感じる」と話す。

 ビートルズ時代、ジョージの曲はアルバムに2曲程度しか採用されなかった。「オール・シングス・マスト・パス」は、そのうっぷんを晴らすかのような3枚組みというボリュームと、完成度の高さで話題を呼んだ。曲が没になることが多い状況に「フラストレーションはあったと思う。そのエネルギーが全部一挙に出た作品」。

写真・図版
ジョージ・ハリソン(C)Barry Feinstein

父に詰め寄った「なんでビートルズのこと、教えてくれないの?」

 多くを語らぬ「静かなビート…

この記事は有料会員記事です。残り401文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら