高3遺棄容疑の夫婦、妻の再婚で群馬に 実家には子ども

有料会員記事

武田啓亮、増山祐史
【動画】死体遺棄容疑で逮捕された夫婦が防犯カメラに映っていた=近隣住民提供
[PR]

 8月28日から行方がわからなくなっていた東京都墨田区に住む高校3年の女子生徒(18)の遺体が31日、山梨県内で見つかった。遺体を放置したとして、警視庁は群馬県渋川市の職業不詳小森章平(27)と妻和美(いずみ)(28)の両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。

 両容疑者が暮らしていたのは渋川市郊外の住宅街にある戸建て住宅。近所の住民らによると、この家にはもともと和美容疑者が元夫と子どもの計3人で住んでいた。和美容疑者は元夫とのトラブルを理由に、今年初めに三重県に転居し、離婚。今年6月ごろに再婚相手の章平容疑者と戻ってきた。子どもは実家に預けていたという。

 昨年末、この家を和美容疑者…

この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。