韓国憲法裁の決定、元BC級戦犯遺族ら「ショック」

有料会員記事

編集委員・北野隆一
[PR]

 第2次世界大戦後に日本人BC級戦犯として裁かれた朝鮮半島出身の元軍属の遺族らによる訴えを韓国の憲法裁判所が却下する決定を出したのを受けて31日、遺族らが東京・永田町で記者会見し、「きわめて残念な判断」と決定を批判した。遺族らは、日本政府による賠償に向けて韓国政府が外交交渉を怠ったのは韓国の憲法違反にあたるとの判断を求めていた。

 訴えを起こした在日韓国人元BC級戦犯・李鶴来(イハンネ)さんの妻・姜福順(カンポクスン)さん(86)は「韓国の反応の厳しさにショックを受けています。この問題に決着をつけるのに、戦後長くかかりすぎました」と語った。

 元BC級戦犯遺族らでつくる…

この記事は有料会員記事です。残り217文字有料会員になると続きをお読みいただけます。