アフガン退避作戦、遅れた初動 楽観と慎重、外務省幹部「見誤った」

有料会員記事アフガニスタン情勢

菅原普、松山尚幹、佐藤達弥、バンコク=乗京真知 金成隆一=ロンドン、野島淳=ベルリン、疋田多揚=パリ、高野裕介、半田尚子、宋光祐=ハノイ
[PR]

 アフガニスタンから日本大使館国際協力機構(JICA)の外国人スタッフらを連れ出す日本政府の「退避作戦」は、失敗に終わった。想定外の速さで首都カブールが陥落するなか、自衛隊派遣の決断の遅れが響いた。

 イスラム主義勢力タリバンによって、アフガニスタン第2の都市カンダハルが陥落したのは8月13日。そのころ、外務省内では「カンダハルから(首都)カブールはすぐ着く距離ではない。2、3日で事態が急転することはない」(幹部)との見方が強かった。

 一方で、8月上旬からは日本大使館やJICAの現地スタッフをどう退避させるかの検討を始めていた。「米軍撤退後はまずい状況が生じる」(同省幹部)との危機感からだ。配偶者と子供を含めて約500人規模を民間チャーター機で送り出す算段だったが、14日には外務省から防衛省に対し、自衛隊機派遣を依頼する可能性を伝えていた。

 茂木敏充外相は15日午前、当初の計画通りに10日間の中東歴訪へと出発。首都カブールではその日、タリバンが大統領府を制圧。ガニ大統領は国外脱出した。侵攻の速度について、別の外務省幹部は「見誤った」と語った。

大使館員「助けたいが間に合わなかった」

 カブールの日本大使館は即日…

この記事は有料会員記事です。残り5890文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら