強い自分、うつに悩む自分 決勝で「超人ハルク」を着けた理由

有料会員記事陸上

遠田寛生
[PR]

 うれしさのあまりフィールド上で踊った。

 1日にあった東京オリンピック(五輪)陸上女子砲丸投げ決勝。5回目で19メートル79を投げ、銀メダルを獲得したレーベン・ソーンダーズ(米)は流れ落ちる汗をぬぐいながら「すごくうれしい」と笑顔をふりまいた。

 LGBTQと公表している米サウスカロライナ出身の25歳。パワーが最大の魅力だが、東京五輪では、競技中に着けるコミック柄のマスクが話題を呼ぶ。

 予選ではバットマンの敵役「…

この記事は有料会員記事です。残り718文字有料会員になると続きをお読みいただけます。