出欠確認のバスカード、未回収が常態化か 5歳園児死亡

有料会員記事

[PR]

 福岡県中間市の私立の認可保育園「双葉保育園」で、倉掛冬生(とうま)ちゃん(5)が送迎バスに閉じ込められて死亡した事故で、バス乗車時に園児の出欠などを確認する「バスカード」を、冬生ちゃんが乗ったバスでは回収していなかったことがわかった。このバスは園長1人で運行することが多く、日頃から回収していなかったとみられる。県警は出欠の確認がおろそかになっていた可能性があるとみて調べている。

 冬生ちゃんは7月29日、登園時に乗った送迎バスの中に取り残され、熱中症で死亡した。運転していた園長は降車後に車内を十分に確認せず、冬生ちゃんが残っていることに気づかないままバスを施錠していた。

 保護者や園の弁護士らによると、バスカードは子どもの起床時間や健康状態などを記入した用紙で、バスに乗る際は保護者が職員に渡して出欠を確認するしくみになっていた。しかし、29日朝のバスは園長が運転し、同乗の職員はおらず、冬生ちゃんら7人の園児のカードを乗車時に回収していなかったという。

 捜査関係者によると、車内にあった冬生ちゃんのかばんの中からカードとみられる紙が見つかった。

 登園後、担任は冬生ちゃんがいないことに気づいたが、バスカードがなかったため、バスに乗ったことに気づかず欠席と思い込んでいた。親への確認の連絡もしていなかった。

 保護者らによると、園長は31日の保護者説明会で、登園時のバスではカードを回収せず、園児のかばんに入れたまま乗車させることがあったことを認めた。「(カードを)回収していれば、冬生ちゃんの命が失われることはなかった。私の責任です」とも述べたという。バスを1人で運行していたことについては、「午前7時台に出勤できる職員が限られていた」と話したという。

 県警は1日、業務上過失致死…

この記事は有料会員記事です。残り384文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら