勝ち続けるための脱タックル 連覇狙う土性沙羅、故障が導いた進化

有料会員記事レスリング

金子智彦
[PR]

 得意技をあきらめる。簡単なことではない。それが金メダルを取った技ならなおさらだ。

 東京オリンピック(五輪)で連覇を狙うレスリング女子68キロ級の土性沙羅(東新住建)の場合、それは、1ミリ単位の精度にこだわるタックル。悩み多き5年間で、土性はあきらめると決めた。そう、金メダルのために――。

 21歳で初出場した2016年リオデジャネイロ五輪は、代表には、吉田沙保里伊調馨がいた。「今は引っ張っていく立場」。その気持ちとは裏腹に、存在感は薄かった。

 けがで笑顔がくもった。 18年4月、脱臼癖のあった左肩を手術した。

 「完全によくなるって思い込んでいた」

 しかし、ボルトを入れた肩はしびれ、力が入らなかった。

 退院後も腕を固定する生活で、茶わんは持てず、自分で髪を結ぶこともできなかった。

 肩の痛みが、自慢の正面タックルの鋭さを奪った。恐怖心から、思い切り相手の懐に入れない。

 メダル獲得で代表内定だった19年9月の世界選手権は5位に終わった。

 「攻めきる勇気がなかった。自分は落ちて、海外勢(の力)は上がっている」

 ぼうぜんとした…

この記事は有料会員記事です。残り661文字有料会員になると続きをお読みいただけます。