ベラルーシの五輪選手が亡命求める 羽田空港で搭乗拒否

[PR]

 ロイター通信は1日、東京五輪陸上の女子200メートル予選に出場を予定していたベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手が同日、コーチを批判したとしてチームを外され、帰国させられそうになったと報じた。羽田空港で帰国便への搭乗を拒否し、オーストリアかドイツなど第三国への亡命を希望しているという。

 ロイター通信によると、ツィマノウスカヤ選手はSNSで「(5日の)女子1600メートルリレー予選の参加に必要なドーピング検査を複数の選手が十分に行わなかったことで出場資格を得られず、自身がリレーメンバーに入れられた」とコーチ陣の不手際を批判した。すると1日、コーチ陣から荷物をまとめるよう指示され、空港に連れて行かれたという。ツィマノウスカヤ選手はロイター通信に「ベラルーシには帰らない」と話しているという。

   ◇

 警察幹部によると、同選手は羽田空港を管轄する警視庁東京空港署で一時保護された。「国に帰りたくない」と話している。警察は選手の安全確保を図る立場から保護したという。東京五輪大会組織委員会が外務省と連絡を取りながら、対応を調整している。組織委は「国際オリンピック委員会と連携しながら状況の照会にあたっている」としている。