レスリング土性沙羅、1回戦で敗れる 2019年世界選手権女王に

レスリング

[PR]

 東京オリンピック(五輪)第11日の2日、レスリング女子68キロ級で、リオデジャネイロ五輪金メダルの土性沙羅(26)が1回戦で敗れた。2019年世界選手権女王のストックメンサ(米)に0―10とテクニカルフォール負けを喫した。

 土性はリオデジャネイロ五輪翌年の世界選手権でも金メダルに輝いたが、その後は左肩やひざの故障に悩まされた。19年世界選手権は5位に終わり、同年の全日本選手権では8年間守った女王の座から陥落。プレーオフの末、東京五輪代表の座をつかんでいた。