不振なら「帰らない方がいい」 ベラルーシ独裁者が威圧

有料会員記事陸上

中川仁樹
[PR]

 東京五輪の陸上競技に出場したベラルーシのクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手が8月1日、帰国を拒否した。第三国への亡命を希望しているとされる。「欧州最後の独裁者」と呼ばれる同国のルカシェンコ大統領は五輪をめぐって、成績不振なら「帰国しない方がいい」などと威圧的な発言を繰り返してきた。コーチや選手の中には、大統領への恐怖心も大きいとみられる。

 タス通信によると、ルカシェンコ氏は、東京五輪でのベラルーシの成績が振るわなかったことに不満を爆発させていた。ルカシェンコ氏は7月29日、「ほかの国よりスポーツに金をかけているのに、何を得たのか」と話すと、「第一に悪いのはコーチだ。結果を出すようにしないといけない」とコーチに矛先を向けたという。

 さらに「荒廃したアフリカの国々をみなさい。なぜ結果がこうなるのか。彼らは勝てばすべてを手に入れるが、勝てなければパン一切れを探すことになると知っているからだ」と、ベラルーシにハングリーさが欠けていると断言した。

 また、ロシアメディアによる…

この記事は有料会員記事です。残り276文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら