「もうダメ」と記した村上茉愛 強い母は支え続けた、娘の夢のために

有料会員記事体操

山口史朗
[PR]

 村上茉愛はゆかの演技を心の底から楽しんでいた。

 「1分半の演技が終わってほしくない。自然と笑顔が出た」。2日にあった東京オリンピック(五輪)の体操女子種目別決勝。一つひとつの着地をほぼ止める完璧な内容。日本の女子で史上初となる個人の銅メダルに輝いた。

 天性の才能は、母・英子さんが信じた通りだった。

 「この子は体操に向いている」。茉愛の幼少期に確信した。

 おむつをかえていて股関節が柔らかいと感じたこと。つまずいても、簡単に転ばない身のこなし。高いところを怖がらない度胸。

 そして、「私の子だから、きっと……」という思いもあった。

 英子さんは小学生の頃、電子ピアノを習っていた。でも、「親にやらされていた。好きじゃなかった」。

 中学校の部活で始めた体操が楽しかった。市民大会での成績も良かった。同時に「小さい頃からやっている子には勝てない」とも思った。

 自分の子には好きなこと、向いていることをやらせてあげたい。きっとそれは体操で、五輪に出るようなすごい選手になる。中学生から考えていた。

 次女の茉愛を含む村上家の5…

この記事は有料会員記事です。残り552文字有料会員になると続きをお読みいただけます。