新車販売が10カ月ぶり前年割れ 半導体不足で 7月

神山純一
[PR]

 7月に国内で売れた新車は、前年同月より4・8%少ない37万7448台で、10カ月ぶりに前年水準を下回った。コロナ禍のなか感染を避けようと車の人気が高まっていたが、半導体の不足で生産が遅れ、販売にも影響が及んだ。

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が2日、発表した。軽は17・0%減の13万300台、軽以外の登録車は3・3%増の24万7148台。

 軽の乗用車に限れば21・5%減で、スズキは3割、ダイハツ工業は2割減った。東南アジアで感染が再拡大したこともあって、部品の供給が滞って、生産停止が相次いでいるという。全軽自協の広報担当者は「生産減の影響が広がってきていて、販売の見通しは不透明だ」と話す。

 軽以外の登録車は前年水準を上回ったとはいえ、統計開始以降、7月としては過去5番目の低さだ。こちらも生産の遅れが響いているという。(神山純一)