「誰も住んでないんでしょ」に絶句 欧州で続ける原爆劇

有料会員記事核といのちを考える

福冨旅史
[PR]

 「広島には人が住んでないんでしょ?」。ドイツで演劇仲間にこう言われ、被爆地の現実を伝えようと試行錯誤する日本人俳優がいる。被爆者の人生をモチーフに一人芝居を始めて10年。原爆をめぐる認識の溝は少しずつ埋まっている、と感じている。

 「私はなぜ広島に生まれたの? なぜ生き延びてしまったの?」。スイス・チューリヒの劇場。お下げ髪にもんぺ姿の15歳の少女がひとり、約200人の観客が見つめるステージ上で泣き叫んでいた。

 76年前、8月6日の広島。午前8時15分に舞台が暗転し、少女の焼けただれた顔が暗闇に浮かび上がる。震える両手を伸ばし、水を求めてさまよい歩く。電車や学校で指をさされ、はやし立てられた少女は鬼に化ける。轟音(ごうおん)が響き、川の中でうごめく遺体の絵がスクリーンに映し出される中、少女は原爆への怒りをぶちまける。

 演じるのは原サチコさん(56)。自らドイツ語で脚本を書いた。神奈川県出身で、大学1年のころから東京・新宿の劇団で活動。尊敬する演出家のもとで演技をしたいと35歳で渡独し、ベルリンの劇場の専属俳優として活躍してきた。

 転機は原爆投下から64年経った2009年。広島市姉妹都市ハノーバー市の劇場に移籍した。第2次世界大戦の空襲で街の6割が破壊された街。そこで暮らす同年代の仲間らはこう言った。「広島は焼け野原のままなんでしょ?」「誰も住んでないんでしょ?」

 言葉を失った。ヒロシマの地名は覚えていても、何が起き、その後どうなったのかを知る人は少ない。原発事故が起きた旧ソ連チェルノブイリと混同している人もいた。「原爆がなかったことになる」。何かを語れるほど被爆地を知らない「負い目」にもせき立てられ、広島を訪れた。10年7月のことだ。

ここから続き

 「私ら被爆者はいつか死ぬ…

この記事は有料会員記事です。残り584文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]