東京ドームでワクチン接種実施へ 文京など3区民対象

新型コロナウイルス

[PR]

 東京都内の新型コロナウイルス関連情報(2日、自治体発表などによる)

 【板橋区

 7月26~29日、区内私立認可保育園で職員4人の感染が判明。関係する職員、園児らのPCR検査を行ったところ、8月1日までに園児14人の陽性が確認された。7日まで休園を延長するという。

 【大田区

 区立の3小学校の児童計3人と中学校の生徒2人の感染を確認した。いずれも濃厚接触の疑いがある児童・生徒や教職員はいないという。また、区建設工事課の職員1人の感染も判明。濃厚接触者はいないという。

 【新宿区文京区、港区】

 東京ドームワクチンの集団接種を実施すると発表した。3区と東京ドーム、プロ野球・巨人が協定を締結した。

 各区の接種券を持つ人が対象。ファイザー製のワクチンを使用し、1回目と2回目の接種を同時に予約する。予約は今月10日から、接種は同16日から始まる。

 【墨田区

 区役所都市計画部の職員2人の感染を確認した。濃厚接触者はいないという。

 【台東区

 区内の区立と私立の認可保育所の園児計3人、私立認可保育所の職員1人、区立中学校の生徒1人、こどもクラブの児童1人の感染をそれぞれ確認した。濃厚接触者はそれぞれ10~12日まで、自宅待機とする。

 【中央区】

 都内在住の区役所職員1人が、新型コロナウイルスに感染していることが7月31日に判明。職場はすでに消毒を終え、濃厚接触者もいなかった。

 【中野区

 区役所総務部の30代男性職員、すこやか福祉センター地域支えあい推進部の30代女性職員、認可保育所の20代女性職員、民間学童クラブの20代女性職員と、区立小学校2校の児童1人ずつの感染をそれぞれ確認した。

 【港区】

 区内の子育て関連施設の利用者2人、子育て支援施設の職員1人、区が運営する認可外保育施設「港区保育室」の児童1人、私立認可保育園の児童1人、認証保育所の職員1人の感染をいずれも確認した。一部の施設では臨時休園の措置をとったが、いずれも通常の運営に戻っている。

 【稲城市

 コロナ患者を受け入れている市立病院の看護師1人が感染した。同居する家族に感染が判明したため、PCR検査したところ、7月30日に感染が確認されたという。職場での濃厚接触者はいない。同病院ではマスク着用や手指衛生を徹底しており、「院内での感染はないと考えられる」ことから、入院、外来、手術もこれまで通り行うという。

 【狛江市

 市立三島保育園の20代女性職員の感染を確認。一部のクラスについて7日まで臨時休園とした。

 【調布市

 学童クラブの児童1人の感染を確認。保健所の調査が判明するまで2日間(2、3の両日)臨時休業する。濃厚接触者の有無は判明していないが、調査結果により休業期間を延長する可能性もあるという。

 【三鷹市

 認可保育園に在籍する園児1人の感染を確認。保育園は臨時休園とし、多摩府中保健所による行動調査を実施するという。

 【目黒区】

 10月10日に予定されていた「第45回目黒区民まつり」が中止に。新型コロナウイルスの感染拡大で、来場者の安全・安心の確保が困難になったことから、実行委員会が決定した。

 区は、新型コロナの影響を受けている区内事業者の支援と地域経済の活性化のため、プレミアム率30%の「めぐろとくとく商品券」を販売する。16歳以上の区民が1セット5千円(商品券6500円分)を4セットまで購入可能。区のサイト(https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/premium/premium_2021.html別ウインドウで開きます)や専用はがきなどで事前に申し込みが必要。受け付けは6~20日。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]