長崎も被爆者認定拡大を 「黒い雨」受け県・市が要望

核といのちを考える

米田悠一郎
[PR]

 広島県で国が定める援護対象区域の外で「黒い雨」を浴びた84人が被爆者と認められたことを受け、長崎県中村法道知事と長崎市田上富久市長は2日、長崎でも被爆者の認定対象を拡大するよう、厚生労働省に要望した。

 要望書では、被爆地域の外にいたために「被爆者」ではなく「被爆体験者」とされている人を含めた長崎の人も、「黒い雨」を浴びた広島の人と同様の事情にあると主張。健康被害など個別の事情を考慮し、被爆者と認めるよう求めた。

 オンラインで厚労省と結んで要望し、同省で被爆者援護を担当する正林督章(とくあき)・健康局長が対応した。要望後に報道陣の取材に応じた中村知事によると、正林局長は「要望を大臣に伝える」と応じたという。(米田悠一郎)

核といのちを考える

核といのちを考える

被爆者はいま、核兵器と人類の関係は。インタビューやコラムで問い直します。[記事一覧へ]