猛暑や豪雨を招く気温上昇 100年に1.26度でも

有料会員記事

森治文
[PR]

数字は語る

 今年も連日エアコンが恋しい季節がやってきた。この暑さ、年々増しているように感じるが、国内基準となる15地点の昨年の年平均気温は平年値を0・65度上回り、1898年の統計開始以来最も高くなった。

 2位は2019年で平年値比+0・62度、3位は16年の同+0・58度と続き、近年の観測値と肌感覚はほぼ一致しているようだ。

 気温や降水量などの平年値は過去30年の平均で、10年ごとに更新される。今春発表の1991~2020年の新平年値自体、1981~2010年の旧値より各地の気温が0・1~0・5度高くなった。

 全国の観測地点で気象庁が1…

この記事は有料会員記事です。残り658文字有料会員になると続きをお読みいただけます。