発電コスト試算 原発11. 7円以上で太陽光上回る

有料会員記事

新田哲史
[PR]

 経済産業省は3日、電源別の発電コストの試算について詳しい数値を公表した。原発は2030年時点で1キロワット時あたり「11・7円以上」となり、前回15年の試算より1・4円上がった。最も安かったのは事業用太陽光で、「8・2円~11・8円」だった。太陽光のコストが原発を将来下回る見通しが固まった。

 7月12日に出した速報値では、原発が「11円台後半以上」、事業用太陽光が「8円台前半~11円台後半」などとしていた。同月21日に新たなエネルギー基本計画の素案を示し、30年度の電源構成案が固まったことを受け、数値を確定させた。

 原発のコストが前回15年時点の試算より上がったのは、安全対策費や事故時の賠償費用などが増えたためだ。東京電力福島第一原発事故の処理費用などは今後もふくらみそうで、11・7円より上ぶれする可能性がある。

 太陽光や陸上風力は、大量導入による設備の値下がりなどを反映した。今後の技術革新も見込めるとして、コストには幅を持たせた。

 石炭やLNG(液化天然ガス)などの火力は、世界的な脱炭素の流れを受けて規制が強化されそうだ。「炭素税」など国の規制によって、コストも左右される。

■関連費用含めば太陽光割高に…

この記事は有料会員記事です。残り658文字有料会員になると続きをお読みいただけます。