選手村で飲酒騒ぎ 組織委が複数のオリンピック委に注意

[PR]

 東京オリンピック(五輪)の選手村内の公共スペースで、選手らが夜間に飲酒するなど騒いでいたとして、大会組織委員会は3日、参加していた7~8の国や地域のオリンピック委員会(NOC)に注意したと明らかにした。組織委の広報担当者は「目に余る状況だったのでNOCを特定し、注意した」と説明した。組織委は酒類の部屋への持ち込みは認めているが、自室で1人で飲むことを求め、共有スペースで複数で集まって飲酒するのは禁止している。

 組織委によると、騒ぎは7月30日夜から31日未明にかけて起きた。主導していた一つのNOCは組織委に謝罪文を提出し、競技を終えていた選手全員を速やかに本国に送り返したという。組織委は「この件以外では、(注意するような)事案は確認されていない」と説明している。