米国務長官「五輪精神に反する」 ベラルーシ対応を批判

陸上

高野遼
[PR]

 東京五輪の陸上競技に出場したベラルーシの選手が亡命を求めた問題で、米国のブリンケン国務長官は2日、ベラルーシのルカシェンコ政権による抑圧行為があったとして「オリンピック精神に反し、基本的な権利からかけ離れたものだ。容認できるものではない」と非難する内容をツイッターに投稿した。

 ブリンケン氏はツイッターで「ルカシェンコ政権は国境を越えた抑圧行為に出ようとした。言論の自由を行使しただけで、ツィマノウスカヤ選手を帰国させようとした」と政権を批判した。

 亡命を求めたのは、陸上ベラルーシ代表のクリスツィナ・ツィマノウスカヤ選手。リレー競技のメンバー選考をめぐってコーチ陣を批判する映像を投稿したところ、急きょ帰国を命じられたとされる。

 ベラルーシをめぐってはかねて、反政権派への弾圧を強めるルカシェンコ政権に対し、米政府が欧州連合(EU)などとともに制裁を発動するなどして圧力を強めている。(高野遼)