大阪府で新たに1079人感染 20代が最多293人

新型コロナウイルス

[PR]

 大阪府は3日、府内で新たに1079人が新型コロナウイルスに感染したことを確認したと発表した。死者は確認されなかった。これまでの府内の感染者は延べ11万6618人となり、死者は2722人。

 感染者数を年代別にみると、20代が293人と最多で、次いで30代が211人、40代が203人と多かった。一方、60代以上は55人だった。

 入院中の重症患者は前日より2人増えて74人。府が確保する病床の使用率は、重症(587床)が12・6%、軽症中等症(2510床)が46・2%になった。

 府によると、これまでの新型コロナ感染者のうち、10歳未満~80代の男女172人がインドで見つかった変異株(デルタ株)に感染している疑いがあることを新たに確認した。府がこれまでにデルタ株への感染疑いを確認したのは計971人になった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]