がむしゃらに、全力で 屋比久翔平、父譲りのスタイルでつかんだ銅

有料会員記事レスリング

金子智彦
[PR]

 生後100日。お祝い写真には、日の丸のワッペンをつけたシングレット(試合着)を着た赤ちゃんが写っている。

 男の子は、レスリング男子グレコローマンスタイル77キロ級の東京五輪代表、屋比久(やびく)翔平(26)。まるで、五輪のマットに上がることが宿命づけられていたようだ。

 30年前、最終決戦での大けがで五輪の希望が砕けた父の思いを背負ってきた。

 父・保さん(58)は全日本選手権を2度制覇した。教員を休職し、1992年バルセロナ五輪をめざしていた。

 しかし、迎えた最終選考会で左ひざの前十字靱帯(じんたい)、半月板などを痛める大けが。30歳になっての再起は難しいと考えた。「男の子が生まれたら夢を託そう」と決めた。

 屋比久は3歳から、保さんが監督を務めていた沖縄・北部農林高レスリング部のマットで遊んだ。小4から本格的に競技を始めたが、「全然、素質はなかった。ぼてぼてっとした体つきでね」と保さん。

 その頃、学校であった二分の一成人式。屋比久は「僕の夢は、レスリングで日本一になってオリンピックに行くことです。なぜなら、お父さんがオリンピックに行けなかったからです」と宣言した。

記念の一枚、次世代にも

 体をもじもじさせながら、最…

この記事は有料会員記事です。残り707文字有料会員になると続きをお読みいただけます。