「アーッ」「ジョーッ」 選手の叫び声、なんのため?

有料会員記事

聞き手・笠井正基
[PR]

 東京五輪では、選手たちが勝負どころで「アーーッ」と声を張り上げたり、「ジョーッ」と叫んだりしています。選手たちの出すこうした「声」は、パフォーマンスにどのような影響を与えるのでしょうか。オノマトペ研究家の藤野良孝さんに聞きました。

リレーおぴにおん 「声を感じて」

 「サーッ」「ガーッ」――。スポーツを観戦した時、選手のいろいろな声を聞いたことがあると思います。オノマトペ(擬音語・擬態語)を20年以上、研究してきた私は、このようなスポーツにおける「声」も研究してきました。

 選手はなぜ声を出すのか。それは、精神的にも身体的にもプラスに働く効果があるからです。精神的にはリラックスしたり、気持ちを高めたり。身体的には素早く動ける、リズムがよくなることなどが挙げられます。

 「シャウト効果」もそうです…

この記事は有料会員記事です。残り746文字有料会員になると続きをお読みいただけます。