卓球女子団体、香港下し決勝進出 3大会連続のメダル確定

卓球

[PR]

 東京オリンピック(五輪)第12日の3日、卓球の女子団体準決勝で日本が香港に3―0で勝って決勝進出。ロンドン五輪からの3大会連続のメダル獲得が確定した。

 卓球の団体戦はダブルス1試合とシングルス4試合が行われ、先に3勝した方の勝利。日本は石川佳純平野美宇組がダブルスを3―0で勝利。シングルスは伊藤美誠が3―1、平野が3―0で勝った。