タンコロ見学会や湘南モノレールの方向板…鎌倉の返礼品

織井優佳
[PR]

 神奈川県鎌倉市を走る鉄道2社が、人気車両の見学会や実際に装着された方向板などを、同市のふるさと納税の返礼品として用意した。ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」で、9月1日午前10時から先着順に受け付ける。

 江ノ島電鉄が提供するのは、同社の極楽寺車庫で動態保存されている108号車(通称タンコロ)の見学会。20万円以上の寄付で18組限定。見学会は10月~来年3月までの第3土曜日に各日3組ずつ開催する。

 タンコロは1931年デビューで、80年まで1両編成で運行した。退役後は年1回の「タンコロまつり」で公開されてきたが、コロナ禍の昨年はまつりも中止だった。当日は車庫から側線に出し、自由に乗車、撮影できる。当時のデザインを再現したアルミ製行き先表示板のほか、タンコロの歴史や諸元などをまとめた非売品冊子がもらえる(1組4人まで参加可能だが、行き先表示板は各組1枚)。

 湘南モノレールの返礼品は3種類。①現行営業車両(5000系)で実際に5年ほど装着した方向板2枚と、それを着けて走行中の車両の写真(寄付金額15万円以上、24セット限定)②同線大船駅で制服制帽着用で各種放送なども行う1時間の駅長体験(同1万2千円以上、78人限定)③自由にデザインしたオリジナルヘッドマークで車両が10日間営業運行し、終了後はヘッドマークを進呈(同10万円以上、9件限定)。

 鉄道ファンに喜ばれそうな返礼品で、市は「ぜひ寄付をお待ちしています」。(織井優佳)