森保J、パスにこだわる二つの理由 指揮官と選手を貫く勝利への信念

サッカー

勝見壮史
[PR]

(3日、東京五輪サッカー男子準決勝 日本0-1スペイン)

 立ち上がり、スペインの前線から厳しいプレッシャーを受けた。それでも、日本はDFからパスをつなごうとする。押しこまれても、逃げずにパスで組み立てる。そんな日本の選手たちの覚悟を、森保一監督が代弁する。「相手の保持率が高くても、日本に球を握る(つなぐ)意思がないということにはならない」

 スペインとは大会前に親善試合で対戦し、1―1で引き分けた。劣勢を強いられる時間が長かったが、MF堂安律は、こうも言っていた。「僕らもちょっとずつ、球を動かせるようになっていた」

 なぜ、このチームは球を失うリスクを恐れずパスにこだわるのか。理由は二つある。

 一つは、森保監督がコーチとして経験した2018年ワールドカップの決勝トーナメント1回戦。ベルギー相手に2点をリードし、守りに入って逆転負けを喫した。もう一つはデータ。日本は終盤になると、球を奪い合う局面で勝率が下がる傾向がある。だから「守備に追われて消耗するより、もう一歩頑張ってパスコースを作り続ける」と森保監督は考える。球を保持する時間が少しでも長くなれば、それだけ勝利に近づくのだという信念が、指揮官と選手を貫いている。

 時間とともにパスワークは鈍り、延長後半で失点。日本は敗れた。それでも最後まで、攻撃へのトライを忘れなかった。メダルがかかる重圧の中、若い世代は次につながる経験を得た。(勝見壮史)

     ◇

 森保監督 「ここで(気持ちを)切ってしまったら、次(銅メダル)はない。次への準備は簡単ではないけど、もう一回反発力を発揮していこう、と選手たちに話した」

 吉田 「次、勝つしかない。ここまできたら気持ちの問題。いいリカバリーをして、最後、メダリストになりたい」

 久保 「負けたので、涙も出てこない。相手はうまかったし、強かった。自分たちもプランを練って挑んだつもりだったけど、あと一歩及ばなかった」