政府の方針急転、命に直結する問題 自宅療養どこまで

有料会員記事新型コロナウイルス

永田大、田伏潤、池上桃子 後藤一也、市野塊、編集委員・辻外記子
[PR]

 政府は新型コロナウイルス患者の「入院制限」を打ち出した。インドで見つかった変異株(デルタ株)の猛威で医療が逼迫(ひっぱく)するためだが、一部の中等症患者も自宅療養としており、方針転換といえる。容体の急変に十分な対応ができるのか。与野党や医療現場から懸念の声が相次いだ。

 「必要なのは、重症化された方々が入院できる病床を常に確保しておくことだ」。田村憲久厚生労働相は3日の閣議後会見で、入院制限の必要性を訴えた。欧米でも感染拡大期は「病床は全然足りなくなり、在宅中心になる」と述べた。

 東京都を中心に医療の状況は深刻だ。都内の入院患者数はすでに3351人(3日時点)まで増え、過去最多だった1月12日の3427人に迫りつつある。都で感染拡大時に最大で確保できる病床6406床に対する病床の使用率は2日時点で50%と、最も深刻な「ステージ4」(感染爆発段階)に達した。

 一方で、新規感染者数(1週間平均)は3337人(3日時点)と過去最多を更新し続けており、入院者数が急増する懸念が生じている。全体の療養者数も2万7千人を超え、自宅療養者数は1万4千人を上回っていた。

 政府高官は「このまま感染拡大が続けば、病床が確保できなくなる」と懸念。厚労省幹部は、「今までは感染制御という目的があったけれど、命を救うための入院に変えた」という。神奈川県は昨年12月に「入院優先度判断スコア」を導入しており、そうした事例も参考にした。別の幹部は重症者らに入院を特化することを「インフルエンザと同じ対応をするということ」と説明する。

具体的な線引きは都道府県任せ

 これまで軽症者は原則、宿泊療養としてきた。だが、過去の感染拡大期に軽症患者が入院し、重症患者が入院できなかったケースもあり、そうしたことを防ぐ狙いもある。ワクチン接種が進んで重症化する高齢者が減り、相対的に中等症の患者が増えてきたことも、判断の背景にある。都幹部からは「重症化しやすい高齢者の感染が急減した一方、感染者数が高止まりする現状を考えれば、自宅療養をさらに活用することを考えるべきだ」との意見も出ていた。政府と都は水面下で調整してきた。

 しかし、従来は入院対象だっ…

この記事は有料会員記事です。残り1680文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]