ベラルーシ反政権派の男性、遺体で発見 隣国で脱出支援

モスクワ=石橋亮介
[PR]

 ウクライナの首都キエフの公園で3日、ベラルーシ人男性が死亡しているのが見つかった。男性は圧政の続く隣国ベラルーシから逃れる市民を支援する団体の代表で、ウクライナ警察が殺人事件とみて捜査している。

 ウクライナメディアによると、遺体で見つかったのはビタリー・シショフ氏(26)。シショフ氏は2日朝、ジョギングに出たまま行方不明になっていた。遺体は首つり状態で、警察は自殺を装った殺人の可能性があるとみて調べているという。鼻の骨が折れていたという報道もある。

 シショフ氏は昨年8月、大統領選で6選を決めたベラルーシのルカシェンコ大統領に反対するデモに参加するなど、反政権派として活動。同年秋にキエフに逃れ、ルカシェンコ政権の弾圧を受けた市民の国外脱出などを支援していた。(モスクワ=石橋亮介)