タンカー「乗っ取りの可能性」 親イラン勢力が関与か

有料会員記事

笠原真
[PR]

 英国の海事機関UKMTOは3日、中東アラブ首長国連邦(UAE)沖のオマーン湾を航行していたタンカーが「乗っ取られた可能性がある」と発表した。ロイター通信は、イランの支援を受けた勢力が関与している可能性が高いと伝えている。現場はUAE東部フジャイラの東方沖。原油輸送の要衝であるホルムズ海峡にも近く、同機関は航行する船舶に厳重な警戒を呼びかけている。

 AP通信によると、乗っ取られたとみられているのはパナマ船籍のアスファルト運搬船「アスファルト・プリンセス号」。ホルムズ海峡に向かう海域を航行中だった。ロイター通信は英当局者の話として、「イランの支援を受けた勢力がタンカーを乗っ取った模様だ」と伝えている。

 一方、イラン外務省のハティ…

この記事は有料会員記事です。残り201文字有料会員になると続きをお読みいただけます。