公明議員、入院制限の撤回要求 尾身会長「相談ない」

[PR]

 新型コロナウイルスの感染者をめぐり、政府が打ち出した入院制限の新方針について、4日午前の衆院厚生労働委員会閉会中審査では与野党から批判が相次いだ。

 公明党の高木美智代氏は「酸素吸入が必要な中等症の患者を自宅でみることはありえない。撤回も含めて検討し直していただきたい」と田村憲久厚生労働相に要求。田村氏は「中等症もいろんな方がいらっしゃる。呼吸管理がされている方が入院しない、自宅に戻すということはありえない」と語った。

 立憲民主党長妻昭氏は、感染拡大を抑えられず、医療体制を整えることができなかったことを念頭に「人災」と指摘。「まずは国民に対する謝罪から始めるべきではないか」と求めた。田村氏は「デルタ株で感染のスピードが速くなっている。医療資源は急には増えないなか、重症化リスクが高い方に病床をしっかり確保しないといけない。緊急事態に入りつつあるなか、先手先手をうって対応させていただいている」と理解を求めた。

 一方、入院制限の方針について政府からの相談の有無を問われた政府対策分科会の尾身茂会長は「政府とは毎日のように相談、連絡、協議をしているが、この件については相談や議論をしたことはない」と述べた。

野党は入院制限の撤回求める

 また、立憲など野党4党は4…

この記事は有料会員記事です。残り346文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]