スケボー女子パーク、日本の3選手が全員決勝進出 岡本は全体1位

スケートボード

[PR]

 東京オリンピック(五輪)は4日、スケートボードの女子パーク予選があり、日本の出場3選手は全員決勝に進んだ。世界ランキング1位の岡本碧優(みすぐ)が58・51点をマークし、全体1位で通過した。

 日本歴代最年少出場となった12歳の開心那は52・46点で3位、世界ランキング2位の四十住さくらは45・98点の4位で予選を突破した。決勝は4日午後0時半から始まる。