ギリシャASチーム5人陽性 組織委「クラスター」、選手村から退去

新型コロナウイルス

[PR]

 東京オリンピック(五輪)の大会組織委員会は4日、東京・晴海の選手村に滞在していたアーティスティックスイミング(AS)のギリシャ代表の選手ら12人中5人が新型コロナウイルス検査で陽性と確認されたのを受け、残る7人が選手村を退去したと発表した。

 組織委によると、7人の一部が濃厚接触者と指定された。こうした事態を受け、組織委が同国のオリンピック委員会に選手村外の待機施設へ移ることを提案、委員会側が受け入れた。3日までに7人全員が選手村を離れたという。

 組織委の広報担当者は「保健所の認定ではないが、組織委の判断としてクラスター(感染者集団)が発生したといわざるをえない」と説明した。

 ギリシャ代表は3日のASデュエットを欠場、6日からのチームも出場できなくなった。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]