トヨタ4~6月期の営業利益、四半期ベースで過去最高

[PR]

 トヨタ自動車が4日発表した2021年4~6月期決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が前年の約72倍となる9974億円だった。前年のコロナ禍による低迷から回復し、四半期ベースで過去最高となった。主要市場の米中を中心に新車需要が高く、世界販売の好調が続いている。

 売上高は72・5%増の7兆9355億円、最終的なもうけを示す純利益は、前年の約5・7倍の8978億円だった。いずれも4~6月期として過去最高。ただ、20年3月期以前は会計基準が異なるため、単純比較はできない。

 しかし、先行きの見通しは楽観できない。22年3月期の通期業績予想は据え置いている。新型コロナウイルスの感染が拡大している東南アジアからの部品供給がうまくいかず、完成車工場が稼働停止するケースが国内外で相次いでいるためだ。生産に必要な資材も高騰しつつある。